ごあいさつ

理事長ごあいさつ

理事長

日々緊張が続く現在の社会では、人は何らかの精神的なストレスを受けています。
心の病は現代病として他人事ではなくなってまいりました。私たち熊野病院は疲れた心を回復する場として、『心の病は心で治す、人のケアは人でしかできない』という理念で患者さまのためのより良い治療環境と病棟の機能分化を進めてきております。
さらに私どもはチーム医療に必要な専門スタッフの充足をはかり、一日も早い社会復帰を願って地域社会と連携して、心を病む方々を地域全体で支えるためのシステムづくりに積極的に参加し、社会復帰施設等の整備に力を注いできました。
今後も利用者さまだけでなく、職員にとっても安全な療養環境を整備していきます。地域に親しまれ信頼され開かれた精神科病院として地域の医療・保健・福祉をつなぐ要としての役割をめざします。

院長ごあいさつ

院長

当院は東紀州地域唯一の精神科病院で、診療圏は三重県、和歌山県(新宮市、那智勝浦町、北山村)、奈良県(十津川村、下北山村)の3県にまたがっています。目の前には熊野灘が広がり、後ろには吉野に連なる山々が迫る風光明媚だが過疎化の進んだ地域です。
近年、どこに住んでも安心して医療や介護を受けられる社会の実現(地域包括支援システムの構築)が叫ばれていますが、当院では患者さまが地域で生きがいを持って生活できることを目標に治療と支援を行っております。即ち入院患者さまの地域移行や通院患者さまの地域生活の充実のために日々支援を行っております。訪問看護、デイケア・デイナイトケア、グループホーム等をさらに充実させて患者さまを地域で支え、再発・再入院を回避してまいる所存です。
また、地域連携室を窓口として近隣関係機関、病院、開業医等との連携を密にし、早期発見・早期治療につとめ、地域医療・保健・福祉に協力・貢献してまいりたいと思います。
今後、多職種(医師、薬剤師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士、栄養士、事務職員等)が連携してチーム医療を推進し、患者さまの様々なニーズに高い専門性をもって答えられるように努力してまいります。
2025年、わが国は超高齢化社会を迎え認知症が著しく増加すると推計されていますが、この地域は時代を先取りして高齢化が進み現在すでに認知症の患者さまが顕著に増加しております。当院は三重県から地域型認知症疾患医療センターの指定を受けており、認知症治療病棟を有して専門的に対応できる病院です。
院是の「心の病は心で治す。人のケアは人でしか出来ない。」という精神で、患者さまのことを第一に考えた医療を目指して、地域医療の発展に尽力してまいります。