認知症疾患医療センター

「認知症疾患医療センター」とは、認知症患者とそのご家族が住み慣れた地域で安心して生活ができるための支援の一つとして、都道府県が指定する病院や診療所等に設置されており、認知症疾患における早期診断、早期治療を行い、ご本人やご家族の負担軽減を目指すとともに、地域の医療・福祉との連携を図ることを目的に運営しています。

業務内容

認知症疾患医療センター写真

専門医療相談

ご本人やご家族、関係機関からの認知症に関する様々な相談に精神保健福祉士が応じます。
また、地域包括支援センター等の関係機関と連携を図り、連絡・調整を行います。

相談日時 月~金曜日 8:30~17:00 (土日祝日・年末年始を除く)
専用電話 0597-88-1123
費 用 無料
資料

認知症疾患医療センターをご存知ですか?

認知症と物忘れのこと、一人で悩まずご相談ください

鑑別診断

認知症かその他の病気でないか必要な検査を行い、総合的に判断します。
鑑別診断の流れ

初期対応(物忘れ外来)

物忘れ外来を行っており、担当の医師が対応し、診断に基づき初期対応を行います。
完全予約制となっておりますので予めお電話等にてお問い合わせを頂き、担当者がご案内いたします。

行動・心理症状(BPSD)・身体合併症への急性期対応

行動・心理症状(幻覚、妄想、暴言・暴力、徘徊等)に対して診断し、通院・入院治療を行います。
また、身体合併症に対して、必要に応じて連携病院とも調整の上、対応しております。

その他

かかりつけ医をはじめ、保健医療介護関係の専門職向けの認知症に関する研修会の開催や介護者教室など情報発信を行います。

専用電話でご相談ください

熊野病院 認知症疾患医療センター
専用相談電話:0597-88-1123

電話で相談ののちに「問診票」を記入しFAXでいただく場合がございます。

物忘れ外来(完全予約制)

まずはお電話(0597-88-1123)にてお問い合わせの上、お申し込みください。

予約受付 月〜金曜日 9:30〜16:30
診 察 火曜日 午前